就業規則・社内規定の作成

就業規則・社内規程の作成

就業規則や社内規程は、従業員を規則で縛るためのものでは断じてありません。これらは、経営者の人事理念の表明、従業員とのコミュニケーションツール、また人事戦略の基本とも言えるものです。

就業規則・社内規程によって労使間で共通の認識を持ち合うことは、人事トラブルの予防や、社内ルール策定時のベースとなるツールとして重要な役割を担い、それが結果として人と企業の成長につながります。

では、どのような規則・規程を作成すればよいのでしょうか。

それは、まず第一に、経営者が人と企業の成長に必要だと自信を持って言えるもの、すなわち、従業員に胸を張って公開できるものを作成することが重要です。

当事務所では、これらの規則・規程の作成にあたっては作成プロジェクトを編成し、各企業の実情に合った諸規程を作り上げ、作成後の適正な運用のお手伝いをいたします。

特徴

各種労働法の強行規定に則った規程を作成する。

経営者の人事権を意識した規程を作成する。

労働契約を意識した条文を導入する。

服務規程を細分化、明確化して懲戒基準を明確にする。

労働者の権利に対しては可能な限り事前申請主義を徹底させる条文を導入する。

裁量労働制、変形労働時間制を駆使して時間外労働を適正化する。

メンタルヘルス対策を意識した条文を導入する。

社内ルール確立のためのツールとして機能させる。

テレワーク等多様な働き方に対応した条文を導入する。

ハラスメント防止措置を意識した条文を導入する。


お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

092-406-2504

受付時間:平日 9時~17時

CONTACT