新着情報

新型コロナウイルス感染の対応について17

    • 今回はコロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業についてとりあげます。

 

    • 新型コロナウイルスの感染者や感染の可能性がある患者に対応する医療従事者については、他の業種に比べて感染リスクが高く、医療の継続的な提供が必要なため休業することもできず、また医療機関での集団感染の発生やそのリスクから、精神的・身体的に負担が多いと指摘されてきました。

 

    • この問題に対処するため、医療従事者や医療機関の職員に対し、慰労金が給付されることになりました。

 

    • 【対象者】

 

    • 対象者は大きく分けると次の二つで、「患者との接触を伴い」かつ「継続して提供することが必要な業務」に、対象期間中10日以上(※)勤務した者です。

 

    • ① 都道府県から役割を認定された医療機関等に勤務し患者と接する医療従事者や職員

 

    • ② その他の病院、診療所、訪問看護ステーション、助産所に勤務し患者と接する医療従事者や職員

 

    • 勤務する医療機関(病院及び診療所)は保険医療機関に、訪問看護ステーションは指定訪問看護事業者に限られます。

 

    • また、派遣労働者の他、業務委託受託者の労働者として当該医療機関において働く従事者についても、上記に合致する場合には対象に含まれます。

 

    • (※)10日以上の勤務について

 

    • 複数の事業所で勤務している場合は合算することができます。

 

    • また、1日当たりの勤務時間は問いません。

 

    • 既に退職者している場合の給付申請方法としては、当該退職者が勤務していた医療機関等から勤務期間の証明を取得し、添付してもらうことが検討されています。

 

    • 【支給額】

 

    • 支給額は次のとおりです。

 

    • 上記①の内 … ア)実際に、新型コロナウイルス感染症患者に診療等をおこなった医療機関等である場合 = 20万円

 

    •         イ)ア以外の場合 = 10万円

 

    • 上記②の場合 = 5万円

 

    • * 実際に新型コロナウイルス感染症の入院患者を受け入れている場合は20万円です。

 

    • 【対象期間】

 

    • 当該都道府県における新型コロナウイルス感染症患者1例目発生日または受入日のいずれか早い日(岩手県は4/16)から6/30までの間です。

 

    • この受入日には、新型コロナウイルスに関連したチャーター便及びクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」からの患者を受け入れた日を含みます。

 

    • 今回の給付の目的は、大変な時期に心身を削って患者の対応にあたってくださった医療従事者・職員への慰労にあります。

 

    申請方法については公表待ちの状態ですが、医療従事者の方はまず自分が対象となるかの確認をされることをお勧めします。

 

CONTACT